クズのエリート

アパレル販売員から急遽ドラッグストアーの 店員となった腐れ人間のブログでごわす。 そして、クズへ.....。 グダグダ書いていきますので....... 適当に見てくださいな.....。

アフィリエイト・SEO対策

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 click!
Google
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共の乗り物などでに異常なほど臭いヤツ
異常なほどのフトッチョさんが座り、
さらに目の前に
『ここだけの話なんだけど....』

と、言いながら大きな声で喋るヤツに
立ちはだかられると人は殺意を抱くようです....。


偶然にも電車に乗っていると
上記の状態に出くわしてしまい、
ワタクシ、殺意剥き出しになってきたのですが
相手を見ると物理的に全く勝てそうにないので、
借りてきた猫以上におとなしくしておりました……。


そりゃあね、ワタクシも○○中の狂犬みたいな感じで
辺り一面を血の海にしてやりたかったですが、


なんせ、

右隣は『ごくせん』にでてた脇君みたいだし....

左隣はニンニク納豆全身ローションとして
塗りたくってるとしか思えないペタジーニだし…….

しかも、前に立っている人なんかは、
児玉清さんソックリだし....


はっきり言って勝ち目がない!


しかも、児玉さんは相当酔っているらしく、
部下らしきイケメン(新入社員風)
抱きかかえられるようにしてかろうじて立っている。


さらに、児玉さん
かつての栄光話を部下に語り始めた。
『俺は昔は営業トップで....』とか
『アノ企画はホントは俺がな.....』
などと大声で話している。


しかも、部下は本当は興味ないのに
さも、興味ありげ
『へぇー、そうなんですか』とか
『やっぱり児玉さん、凄いッスね』
などと答えている。


最近の若い者にしては立派な受け答えだと思う。


ワタクシが思う20代前半の人間とは

『マジうける』
『マジだリい。』

の、どちらかしか言葉のボキャブラリー
無いのだと思っていた……。


だが、彼の本当の試練次の言葉だった。





児玉『……ここだけの話なんだけど俺....




植毛してんだ!』




『凍てつく波動』
とは、
こういう事をいうんでしょうね…。
それなりにガヤガヤしていた車内
アッと言う間に静まり返ってしまった。
きょうび、デスピサロだって
こんなに凍てつかせる事はできないでしょう...。


しかも、1000%日本語理解していなさそうな、
左隣のペタジーニもクチャクチャ噛んでいたガム
サザエさん
ばりに

『んわっぐく』と、ノドに詰まらせていた。


しばしの沈黙
........
重苦しい空気が流れていた。
時間にして数秒間の沈黙のはずなのだが……。

しかし、こうなってしまうと、
いやがおうでもツレであるイケメンの返しに期待が高まる。


彼の返答いかんで、今後の車内雰囲気
変わるといっても過言ではないからだ。


みんなからオリンピック選手なみに
注目を浴びた彼の答えはこうだった。







イケ『マジうけますよw』




……..がっかりすぎる…….。


来月辺りに

『DON’T  TRUST UNDER THIRTY!』
(30代以下は信用するな!)


なんて、リリースしようかなと思ってしまう
ぐらいがっかりした……。


しかし、考えてみると児玉さんも酷い。
二十歳そこそこの社員
薄毛悩みを話してどうすんのさ?
そんな悩みは自分で
手塩にかけて育てた盆栽にでも語ってください。


結局、『ここだけの話しだけど……』なんて、
切りだし始めるヤツはろくなもんじゃねぇ!
ってこと。


....で、ついさっきメールチェックしてたら


ここだけの話なんですけど.....
また、面接おちてました...........。


スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記
数年間と短い期間でしたが、
接客業界に身をおいたワタクシは
接客するのも、されるのも嫌いです...。
(ワガママでスマソです.....。)

そんなワタクシは現在、
オリジンの焼き鳥に夢中でございます。
(もちろん、酒のツマミとしてね)


一本52円て安すぎる。
週に三回か四回は買っているのも仕方ないだろう。


しかし、つい先日の事ですが、
マイベストプレイスであるオリジンが歪んだ.....。


いつものように近所のオリジンに入り、
焼き鳥の場所へ駆けよった。


『やっぱり、皮とネギマははずせないな....。』
など、
ぶつぶつ言いながら吟味していると....
カウンターの方からオバ様デカイ声



オバ『焼き鳥すきなの?』



と、声をかけてきた.....。
好きじゃないのに買うって
なんのチャレンジャーだよ...。


と、思ったがニコヤカ



『ええ、いつも山盛りでうれしいですよ。』



と、暗に『売れてないんですね。』という
意味の軽い皮肉をだけですましたワタクシは大人だと思う......。



だって、考えてみてください。


もしも、あなたが休日
汚ったないTシャツとジャージを着て、
ブックオフへ行き、立ち読みしているところに
スッと店員が近づき



『カイジって面白いよね~』



なんて言ってきたりしたら.....。



また、TSUTAYAに行ってDVD物色している所に
ヌッと店員が現れ



『それは全米が泣いた

映画なんですよ~。』



なんてをかけてきたら....。



さらに、コンビニへ行き、ジャンプを買おうとしたら



『ハンターハンターって...

いつ再開するんすかね...。』



なんて接客をかまされたら..........





はっきり言ってウザイですよね?



これがもしも、
兵藤和尊だったら、
即、焼き土下座に処され、


井筒監督だったらその場でDVD叩き割られ、


富樫だったら永遠に休載しちゃうところですよ。



たまに勘違いされている方がいますが、
名前覚えておくことが絶対的に良いことだ!
と。思い込む販売員が多すぎる気がします.....。



すみませんが
ホントにほっといて下さい....。

テーマ:思想 - ジャンル:日記
某首相は思う。『靖国行きてェ~。』と、
ある者は言う。『アツは夏いね~。』と、
してやったり顔でのたまうのがアツである、
いや、である。


そして、ワタクシは歌う。
『夏がくれば思い出す~♪ 』と…….。


ワタクシがクズに収まる前のアパレル販売員時代のことです。


当時、ワタクシはアパレル業界に入りたての
右も左も全く分からない、ガムシャラに働く一販売員でした。


そして、その日も今日のような暑い日でした……。


ふらりとお店に入ってきた一組の若いカップルは、
諸先輩達からすればとても異様な雰囲気だったと言う。


しかし、当時のワタクシはそんなオーラには
全く気づく事なく接客についてしまいました。


話しをしてみると、かなりのフレンドリーさを
持ちあわせている。この辺りで
『なんだ。先輩達も大した事ないな~。』と、
ほくそえんだ事をここに報告しておく。


そして、フレンドリーな女性の方はこう言った。


女性『私、長袖しか持ってなくて…….。』



その時点でようやく、この女性がクソ暑い時期
長袖を着ている事に気がついた。


だが、女性である以上、
日焼けを気にしたり、二の腕を気にしたりで
一年中、長袖を愛用している方は意外と多い。


OKですよ~!ワタクシがそのガッチガチの
脱がしてあげましょう!と、傲慢に決意。


そして、夏物新作やら、セールの残骸やらの
半袖の服をひたすら用意する。


で、その中でも露出度高めのギャル系トップス
お勧めし、試着を促す。


……..試着中…….。


そして、しばらくたった後に声をかけた。


TAMA『お客様、いかがでしょうか?』



女性『…ん~…….。やっぱ、気になるかも…。』



男『……..ハァ…….。』
と、ため息。


TAMA『……?…』


そして、試着室のドアをガチャリと
開けて出て来た女性を見ると……







腕に無数のリストカットの後が……..。







女性『どうすれば良いですかね~?』










どうにもできねぇ………!!









TAMA『……….。』




情けない事にワタクシ無言になってしまいました…..。
今でしたら、政治家ばりの無責任さと、話しのすり替えに
よって何とかできるかもしれませんが、当時のワタクシには
無理でした…….。


と、そこへ男の助け舟が……


男『もう、しょうがないよ。気になるなら諦めな。』


この時ほどお客に“諦めて欲しい”と、思い
ホッとしたことは無いかもしれません……..。


忘れられない夏の苦い思い出です…..。

テーマ:過去の話題 - ジャンル:日記
何も無いからこそ呑んでいる、
痛風まっしぐらなクズ TAMAです。


唐突ですが、みなさんは



=rand (200,99)



をご存知でしょうか?


『知ってるわ!相変わらず情報がおせーよクソが!』


と思われた方はキーボードが壊れるぐらい
AltキーとF4キーをメメタアしてください。


ご存知ない方はマイクロソフトワード
起動させて下さい。


まぁ、そうは言ってもワタクシのように
ワード98などという、最新版を使っている方は
いないと思いますけどね.....

あ、みなさんは
そんなに悲観する事ではないと思いますよ。



では、とりあえず、お使いのワードを立ち上げ、
=rand (200,99)を打ち込むか、コピペして下さい。



さて、心の準備はよろしいですか?


よければ、ENTERキーを押して下さい!




.........



どうですか?

ゾッとしませんでしたか?


ワタクシは鳥肌が立ちましたよ!
なんとなくですが


某オ○ム真理教



『修行するぞ!修行するぞ!』



って言うヤツを思いだしてしまいました....。

テーマ:こんなん見つけましたvv - ジャンル:ブログ
『好きか嫌いかどっち?』
と聞かれたら迷わず『普通。』と答える
ひねくれたクズ TAMAです。


さて、連日暑い日が続いておりますが
皆様いかがお過ごしでしょう。


今朝の出来事でした。
仕事に出掛ける前には必ず新聞を読みます。


そして、今日の天気と気温を
特に出掛ける予定のないクズの中
でもエリートである私にアナウンスしてくれます。


母『今日も晴れだね。最高気温は32℃だって。』


てな具合でお知らせしてくれます。
そして、今日も


母『今日も晴れるって。
  気温は33℃まであがるみたいだよ。』


とお決まりのアナウンス後、



『はぁ~、暑い。』


『暑い暑い。』



などと繰り返すにワタクシのかけねなしの優しさから
扇風機の風をソッと母に送るなはからい。


むしろ、ちょっと早めの誕生日プレゼント
と言い換えても言いかもしれない。



すると、母は人工の風に全くきづかずに


母『今日は気温の割には涼しい。』


と、まるで“ウンコ”

言う単語を覚えた直後の三歳児のように

“涼しい”連呼して言っています。


最初こそはワタクシもシャンプーを流している
人の頭に原液のシャンプーを上から垂らし続ける
悪戯を彷彿したのですが.......




なんか、苦しくなってきた......。




もう、30年以上ここに住んでいるのだから
この時期に自然の風なんか吹かない事ぐらいわかるはずなのに.....。




全く疑わずに人工の風を自然の風だと思い込む

少なからず老いを感じてしまいました........。


テーマ:アホな管理人のブログです。 - ジャンル:ブログ
はっきり言って警察が嫌いだ!


自分が犯罪者というわけでもないのだが、嫌いだ。
(まァ、犯罪的に働いてないですけどね....。うっせ!)
理由を考えるに、マスコミによる不祥事の
発表も深く影響していると思われる。


しかし、根本的に嫌いな理由は、
彼らが予想以上の高給取りであり、
それに反して、仕事の内容に不満と疑問が残るからである………。


以前にもこのブログで書いたのですが、

『交通違反』


これに対して、死ぬほど不満がある。


田舎の広~い道で10人以上のサツを
使いスピード違反の取締りとか止めて欲しい……。
(しかも、昼間に。)


どうせなら夜にやって欲しいのですよ!住民としては!
暴走族なんかアホみたいに走ってるのに…..。


と、ひとしきりサツへの愚痴を言わせていただいたのですが、
本題はここからです。


サツもね…………..



頑張ってるヤツはいる!



ええ、あたり前の事なのですが、
こうまで不祥事などが続くと
ついつい忘れがちな事なので……。
改めて言わせていただきました。


つい先日の事ですが、所用で出かけていた帰り道のこと、
夜の12時すぎに原付に乗り、家に走っていました。


すると、前方の方で赤い警棒を振りながら、
懸命に車を止めている警察官の姿がありました。


動作を見ていると、飲酒運転のチェックを行っているのが
一目で分かったので、おとなしく順番を待つ事にしました。


ようやく、自分の番になり、サツの顔を見ると
50代半ばの疲れた顔をした人の良さそうな親父サンだった。


サツ『あ、すいません。呼吸を私に吐いて下さい。』


疲れた顔をしながらも不快感を表さずに笑顔で、
職務を全うする彼の態度に痺れた………。


いや、普通の企業であればあたり前の事であっても
公務員である彼らは通常、
憮然とした態度でおこなうのが常である。


そんな笑顔の彼に心打たれたワタクシは
快く彼に対して爽やか吐息をはきかけた。


当然、飲んでいないので問題は無い。


しかし、彼の目は鋭く光っていて、ワタクシの持っていた
コンビニの袋に入っている缶ビールを目ざとく見つけると、


サツ『今日はまだ飲んで無いですね?』



と、質問する事も怠らなかった。


いつもは酒を飲んでいることが普通なのですが、

『吐き気を催す邪悪』
とは飲酒運転で交通事故
だと思っているワタクシです。
(吐き気と飲んで吐くのとかかって...。
いえ、何でも無いです)


運転する時は絶対に飲まない!
(あたりまえですが......)


TAMA『ええ、これから家で飲みます。』


と、答えた。


一瞬、張り詰めていた空気が一気に穏やかになり


サツ『そうですか。お気をつけて。』


と、笑顔で言ってくださいました。


つられたワタクシも


TAMA『お疲れ様です!』



と、業務上ではなく、初めて心から言えました。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
「コンクリートジャングル」とよばれている都市を
歩く人は皆、目が死んでいるか目がすわっている

人の歩く速度が速い。
ちょっと肩がぶつかるだけで漏れなく舌打ちされる。
道を尋ねようにも止まる気配が無い。


怖すぎる......。


当たり前だが、そんな殺伐とした街に
笑顔なんてモノがあるわけない……。


当然、田舎っぺ丸出しの私も
舐められたらアカンって事で
『オイオイ、こいつ目だけで人を殺す気か?』
と思わせるほどの
ジャックナイフ的な目で街にくりだしていた。



だが、今日は何かが違ったのです……..。



某山手線に乗った私は周囲の死んだ目の人間達に
ナメられないように用も無いのに
ケータイをいじりたおしていた。


と、そこへ電車のアナウンスが流れました。




車掌『次は~ と、東京.....とうき..


;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ
 と、東京です..。』




何が面白くて車掌さん吹き出したのか分かりませんが、
相当、面白かったのでしょう。
ワタクシもつられてニヤっと笑ってしまいました。


そこで、ふと、気がついて周囲を見渡すと
ワタクシのいる車両の全員がニヤっと笑っていた



うん。……….普段笑ってない人達が笑うと気持ち悪い…。



って事はワタクシも気持ち悪い。




※まァ、酒を飲めばいい笑顔になるんですけどね。

テーマ:きまぐれ日記 - ジャンル:日記
スシ王子などと言う、名前だけで
笑えるドラマが始まったようなので....


手抜き&こじつけ的ではありますが
このサイトをご紹介いたします。


只寿司
 


只のゲームと言えばそれまでなのですが.....
音声が素敵すぎる!ゲームなのです。


壁にかかっているネタを頼むと只美(主人公)
『ああ、正に癒し系....。』と、思える程
かわいらしい声で注文しますし。


それに対して、大将は『ザ・職人』
いうような渋い声


『あいよッ!』



と、返してくれる。


しかし、このゲームの面白さは
ここからだ。


お酒と言うパラメーターがあるのですが、
それを4分の3ぐらいまで高めて
主人公を酔っ払わせると.....


それまでは


只美『あわびぃ~はーと

と、

『え...、安めぐみ?』


なんて、思わせる癒し系の声だった主人公が



急に




只美『あわびィィィ!!』
 




と、トチ狂ったとしか思えない
卑しい系の声に変わるのです....。


しかも、ランキングを見ると
某ジャニーズのK君が上位に
ランキングしています。

テーマ:ろくでなし日記 - ジャンル:日記
以前にも書いたように
テロリスト団地に住むワタクシは
今朝、大変な騒動に巻き込まれました.....。

いつもは昼過ぎまで惰眠をむさぼるワタクシですが、
今日は勝手が違った。


朝の8時ぐらいにママンに叩き起こされたのです。


ママン『ちょ、起きなさい!』



いつもは起こされる事など無いワタクシは直感的
何かがあった事を察しました。


地震か? 火事か? まさか強盗?


しかし、そのどれも違いました…..。


天井から水がジョボ、ジョボと壁づたいに
かなりの勢いで流れている事に気がついたのです!


いつもの水漏れ
『チョロッ、チョロ』程度のもので
80歳過ぎのおじいちゃんの尿速
同程度の状態だったのですが….。


今日は圧倒的に違った!


『スパイ○ガール………。

そう………一味………..違うのね………』


どころでは済まないレベル。二味も三味も違う!


このテロ団に住んでいる以上、
些細な水漏れ我慢するしかない
と思っていたのですが、これは洒落にならない!


とりあえず、家具なども
ワケの分からない水で汚染されていく一方なので、
朝から不本意模様替えの開始ですよ。


ここまで読んだ賢者であるアナタは
『何で上の階に水を止めさせないの?』
と、思われるでしょう。


寝起きで強制的に模様替えをしているワタクシには
そんな事を考える余裕は全く無く、
全ての家具を移動させ終わった

後にようやく


TAMA『あっ。上の階に水を止めさせないとね。』



しかし、そこら辺はさすがに半世紀はかるく
生きているママンですから、連絡済みですよ。


ですが、電話しても、
直接行っても誰も出ないらしい……。と、言うよりも
家に人がいる気配が感じられないと言っている。


かまいたちの夜みたいで怖いな……
。などと、
思っていたところに、ママンから意外な言葉が…….



ママン『変ね…。いつも水漏れする

部分をふさいでおいたのに。』



…………賢明な方はお分かりでしょう。
エネルギー保存の法則か、質量保存の法則だか忘れましたが、
加わったエネルギーは必ずどこかへ流れていくってヤツです。


つまり、我家には、ほぼ毎日上階から
水(この場合の力)がこぼされていました。
それを止める為には根本の部分建物の構造やパイプを
どうにかするしかないのです。



があって、そこをふさげば一時的には
水(力)は止まるでしょう。
ですが、逃げ場を失った水(力)
徐々にたまっていき、限界を超えた水(力)
加わった時に一気に今までの水(力)全て開放するのです。


言うなれば、ダムの決壊みたいな物です.....。






TAMA『何しとんじゃァァァ!!』






この後、


ワタクシとママンの親子関係も決壊いたしました……。

テーマ:アホな管理人のブログです。 - ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。