クズのエリート

アパレル販売員から急遽ドラッグストアーの 店員となった腐れ人間のブログでごわす。 そして、クズへ.....。 グダグダ書いていきますので....... 適当に見てくださいな.....。

アフィリエイト・SEO対策

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 click!
Google
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡をよく見るようになった。


今の職場にいる社員に


『常に鏡を見てない?』



と、言われる程だ。それに対し、ワタクシは


『ナルシストなもので.....。』


と、答える事で精一杯です。


ですが、実際はそうではないのです...。


ワタクシが鏡を見るようになった原因はまさしく、
その社員のせいだからです。
つい先日のこと....


タマ『おはようございまーす』


と、売り場に入ると、例の社員が


社員『おはよ~う~』


と、変に語尾を伸ばした挨拶を返してきた。
軽くイラッとしましたが、最高の笑顔で社員の顔を見た。


すると、ヤツの顔には『産地直送ほじりたて!』
みたいな鼻クソが付いていた。最初は面食らいましたが、
トレードマークみたいで面白かったので、
あえて鼻クソの事は教えてあげませんでした。


が、しかし、だんだんとこれはマズイ!
と思うようになりました…。


普段、かなりの売り上げをあげるている、
その社員がその日はほとんど売り上げを
あげられなかった........。

それはそうだろう。皆さんも洋服を買いに行って、
産地直送 鼻クソを付けた男に『いらっしゃいませ。』
なんて接客されたくはないでしょう。


さて、誰が言った事だか知りませんが、
人の印象とは見た目が8割~9割を占めるのだそうです。


つまり、この日に彼と出会った方の
彼に対する印象はほぼ




鼻クソ




で間違いなさそうです。
スポンサーサイト

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事
現在の職場には林田(仮名)という輩がいる。


彼は販売経験が一年と短く、
まだぺーぺーの域を脱する事ができていない。


それは、彼自身が良く分かっているようであり、
新参者であるワタクシにも『販売経験が自分より上!』
という認識で積極的に質問をぶつけてくる。


今時の若者にしては向上心の高いヤツなのだ。
初日から林田(偉い)は質問を投げ掛けてくる。


林田『タマさ~ん。今日のお昼何食べまスカ?』



タマ『今日はマックにします。』



林田『マジスカ?俺も一緒でいいスカ?』



タマ『いいですよ。』



さすが林田(敬う)はワタクシの初出勤での
緊張感を解くために仕事中のしかも、
店長がいる前で話かけてきた。
当然、怒られた....。当たり前だ。


だが、そのおかげかどうかは分かりませんが、
いくぶん緊張感は解け、初日にしては良く売ることができた。


その後も林田(素敵)の質問は止まらなかった。



ここ2、3日での質問です。



林田(脂質)『今日もマック行きまスカ?』



林田(アホ)『オッパッピーって知ってまスカ?』



林田(痛い)『スロットとかやりまスカ?』




......質問の内容、頭の中身が共にすかすかスカ?


テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事
歩こう歩こう私は元気歩くの大好き♪


.....そんな、歩くのを強要されたり、
歩くの大好きなんて宣言されても、
『別に聞いてねえよ。』
としか言えません。


死ぬほど自己主張が強いヤツが唄う歌なんだとしか
思えない今日この頃です。


いかんせんこの世はやれ『個性的』であれだとか
やれ『自己主張』できない奴はクズだ!
とか言いますが、決してそうでもないと思います...。


本日、仕事に行き、普通に働いていた所に
フラリと入店してきた40代と見受けられる男性が
ニヤニヤしながら一直線にフィッティングへ行き、
全身が映る鏡に向かい、より一層ニヤニヤしながら
10分以上鏡の中の自分に笑いかけていた.....。


確かにこの男性は個性的(誰もこんな事しない)
であり、自己主張(自分の存在をアピール)も強い。
だけど、この方に憧れたりはしないでしょう。


だって、キモいもん....。


さらに、仕事の帰り道の電車内においては
半径15m先からでも判別できるほどの異臭を放ち、
しかも、大声で『おらァ、ヤクザやぞ!』
『この紋所が見えねえか!』
叫びながら氷結を振り回しているかたが鎮座されていた。


大変、自己主張(ヤクザ宣言)が強く、
個性的(紋所が氷結)な御方でしたが、
やはり、この方に憧れる事は無いかと思われます。


だって、恐いもん....。


さらに、地元の駅に着き、トイレに入ると
『え?!何でここに...。』と、いう所に
ウ○コ様がいらっしゃった....。


…………一体、どんな祭りがおこなわれたの?
と、思うほどの散らばりかた……。


まさに


『人とは違うんだよ!』


とでもいいたげな個性的な演出方....。




だが、トイレが使えない..……。






……..個性なんてクソくらえ!

テーマ:(  Д ) ゜ ゜ポーン - ジャンル:日記
ァ、言いたいことも言えないこんな世の中ですから
まには酒を飲んで羽目を外したくもなりますよ。だが、
ばれて警察に御用になるヤツはクズだ!そんな
っぱらぱーなクズたちですら
ろれろ....と、チェリーを舌で転がし、
ぱんのような細いパンツを穿き、
ら、だりいずら~。などと口走りながらも
らいているらしい.....。
そ.....!そんなヤツらにすら仕事があるのか....。
故現場のテレビカメラにピースで写りこみ
やけた顔で携帯で友人に電話してるようなヤツが...!
さけない.....。いつから日本人は...
!!!!!あ、あいつは...
、田所さん.....!?

テーマ:ぼちぼち日記。 - ジャンル:日記
以前にも書きましたが、
我が城にはウォシュレ秀吉という勇猛で誠実
そしてチョッピリお馬鹿な武将がいる

詳しくは↓のリンクを見てください。

ウォシュレ秀吉の謀反


時々、主君であるワタクシをイラつかせるが
おおむね良くやっているほうだと思う。
しかし、それをわざわざ口に出して言う事はしない。
寝首をかかれない為にも、甘言は控えるべきなのだ。



そして、本日も秀吉に世話になるべく
便座に座り、用を済ませた……。
その後、当然のようにワタクシは
『シャワー』ボタンを押した。



すると、ピンポイントで確実に
『そう!そこだよ!』って、部分に
秀吉は水を送ってくれる。
しばらく悦に浸っていたワタクシなのですが、
そろそろ出ないと昼ドラが始まってしまう。



そう思い、『止める』ボタンを押した。



…………うん….。押した。確実に押した。



ですが、ずっと、しゃわしゃわとをワタクシの
お尻にかけ続けている…..。



秀吉の良いところは仕事熱心な所だ。おそらくは
主君であるワタクシには分からないような汚れを
感知し、『若、まだまだでございますよ。』と、
彼なりの配慮なのかもしれません。



それならば、好きにさせてやるのが
懐の大きな主君というものでしょう。


TAMA『好きなだけ洗えい』


と、寛容な心で座りつづけた。




が、



………….長い…..。
いくらなんでも長すぎる。
そろそろ昼ドラ終るもの…….。



いいかげんにしなさい!と、ベタな関西系のツッコミ
と共に『止める』ボタンを押した。しかし、



でも、そんなの関係ねぇ!



と、小島よしおの様に返してきやがった。
止まる気配が全く無い!



確かにワタクシは

昼ドラを見てるぐらい時間を持て余しているし、

『世界陸上の織田君は年々、うざさが増しているな~。』
なんて思いながらも4時間ぐらい見てしまうぐらいの
暇人ではあるのですが………..



それでも、1時間も秀吉と一緒には居られない!


秀吉にしてみれば、主君に対するおたわむれ
『遊んでくっさいよ~。』なんて茶目っ気かもしれません


ワタクシにしても『おお!ういヤツめ。』とか
言ってあげたいが、ここは戦国時代である。


水道代という名の一揆がワタクシに襲いかかってくる。


そこからはこちらも必死でした。
ありとあらゆるボタンを押してみました。


全く止まらない………..。



『あれ?止まらないね…?…クスクスクス』

と、あざ笑っている様でした。


くっ!やられた………。


ここにはかつての温厚な秀吉はもう居なかった。
そこに居るのは
水道代という名の一揆を先導する光秀の姿だった........。




※ 水道の元栓を止めて、事無きをえましたが、
来月の一揆が怖いです….。

テーマ:コノー馬鹿ヤロオオオオオオオウ!! - ジャンル:日記
暇であると言う事は罪である……。


最近、そう感じるようになってきましたが、
これには1つの条件があります。


まず、ワタクシのように無職な人間が
『暇だな~』なんて言う事は切腹に値すると思う。
ですが、死ぬほど働いた定年退職後の人には
是非とも暇を楽しんでいただきたいと思う…….。


そんなこんなで御託を書きつらねても3秒後には


『あー….。暇だ~。』


と、つぶやいている自分がいます………。

しかし、考え様によってはこの暇な時間を使い
社会人にはできないような事を
できるのではないかと考えた末の結論…….。


ロードオブザリングを全話連続で観る。


ワタクシ、映画と言うシロモノは時には
観た人の価値観を変え、時には観た人の
人生さえ左右してしまう程の影響力がある
と、考えています。


実際に『小林サッカー』を劇場で見た知人は
中学校の部活でしかやった事が無いサッカーを
再び始め、身体がついていかず、見事に骨折すると言う
素敵なエピソードを持っている。


ワタクシも下手したら指輪を集めに宝石店とか
襲ってみたいとか思うかもしれない。


そんなこんなで、とにかく件の映画を観てみた。


………………..。

…….うん。なんか、でき杉じゃないすか…….?
主要キャラがどんだけピンチになっても絶対に死なない!


もうちょっと、悲しみと苦難の上で目的を達成するなら
良いんですけど……….

後半に入ってくると、
『死ね!そこだ!死ねぇ!!』とか、
普通に連呼していた気がする…..。



まァ、これを読まれている方は
まず、お前が死ねよ!と感じていらっしゃるでしょうけど…….。

テーマ:ひとりごとだよ。独り言。(-〟ゝ-)ゞ - ジャンル:日記
無職でクズなワタクシですが
無性に服屋さんに行きたくなり、
原付でトロトロと走っておりました。


すると、はるか前方に安全運転を通り越して
徒歩の方が早いんじゃないのか?
と、思わせるスピードで原付を
転がすお爺さんがいた。


その様子を見て
『おやおや、お爺さん病院帰りですかぁ?』
などと、ぶらり途中下車旅のナレーション
チックなモノが脳内に流れていた。


しかし、いくらワタクシがトロトロ
走っているといっても
所詮、徒歩と同じスピードで走る原付ですから、
両者の距離はすぐに縮まります。


だが、縮まったのは良いのですが…….
一向にお爺さんを抜くことができないのです!


それはまるで時を操っているかのごとくでした…。


だって、爺さん……
え、酔ってるんじゃないの?と、思わせるほどの
蛇行運転を見せながら上機嫌で歌っている。
色んな意味で危なすぎる。


爺さん『ふぁ~ふぁ~ふぁふぁ~♪』


さらに言えば、入れ歯をつけていないのか
何を歌っているのかさっぱり分からん!


しかも、場所は一方通行の狭い道……
大渋滞を生み出し、見事にみんなの時(足)を止めていた。


そんなお爺さんが乗っていた原付は
DIOでした……..。

テーマ:報告 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。