クズのエリート

アパレル販売員から急遽ドラッグストアーの 店員となった腐れ人間のブログでごわす。 そして、クズへ.....。 グダグダ書いていきますので....... 適当に見てくださいな.....。

アフィリエイト・SEO対策

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 商品無料仕入戦隊『電脳卸』 click!
Google
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には予期できない事が多々あるものです………。

ワタクシが高校生の時の事です。
当時、ワタクシは原付の通学に飽き、
華麗に自転車で通学しておりました。


さて、学校も終り帰ろうとしていると、端から見たら確実に
万引きしてそうな方達(7~8人)が近寄ってきてこう言った。


万『一緒に帰ろうぜ~。』



と、キチガイな方達からお声がかかった......。

今のワタクシだったら即答で


TAMA『断るゥゥゥryyyyy!!』



と、半ば狂乱したDIO
モノマネでお答えるところですが
当時はそんな技術を持ち合わせていなかったので、
TAMA『オウ!』と、
東野幸治ばりに答える事しか出来なかった……。


しかも、奴らは徒歩で通学していることが判明。
必然的にワタクシも歩かされるはめになってしまった……。


………どんだけ自己中なんだ?と問いたい。


鳥山先生の世界ならば、確実にベジータ王子が


『くそったれェェェェ!!』



とか、叫びつつギャリック砲の一発でもかますところだ。


でも、まァ……..、なんだかんだ言いつつも、
馬鹿話をしながら帰ることも面白いから許してやるか。
と、かなりの上から目線で納得していた。


そうして帰っているうちに、いつの間にか
ワタクシ達は二つのグループに別れて帰っていた。
とはいえ、別れると言っても
前と後ろに5,6メートル離れてだったんですけど。


その一緒に帰っている中に「伊藤ちゃん」と呼ばれる

ヒト科に属していながら見た目はマナティ

もしくはジュゴン、頑張ってもアザラシにしか

見えない人がいた。



伊藤ちゃんは前のグループに混ざって帰っていたのだが
奴が押している自転車(何故かコイツだけは自転車で来ていた)の



後輪タイヤが急に膨らみだしたのだ!!




その様はまさに、


フリーザに膨らまされていくクリリンのようだった!


後ろのグループに属していたワタクシは


TAMA『い、いと、いとちゃ….。』



と、懸命に危機を伝えようとしたのだが……….
時すでに遅し......。

見た事もないぐらいに膨らんだタイヤは
聴いたことなど無いような音で破裂した…….。


……その時の音は今でも忘れない。


某国のスラム街だったら
『SHIT!ジョーの奴、また撃ちやがった。』

などと言われても絶対におかしくない。
そんな音がしたのだ。


ワタクシ達全員しばらくは呆然としていたのですが、
段々と面白くなってきて
誰かが笑うと同時に全員で爆笑していた。


万A『やっぱ、ジュゴンに自転車はまだ早いんだよ~』




万B『乗ってないのに何で破裂すんだよ~?』



などと、散々笑われていた。
当の伊藤ちゃん(ジュゴン)『オウ!オウ!』と、
笑っていたがダイエットをしよう!と、
心に決めたのはこの時だ。と、2年後に語っていた…….。
(後に怪しい薬を使い痩せることに成功した)


そして、ひとしきり笑いあった後に『さあ、帰るか!』
と、再び歩き始めた……ちょうどその時!



『君達、ちょっといいかな?』




と、不意に声をかけてきた奴がいた。




振りかえればサツ(警官)がいる……。






以後、伊藤ちゃんが自転車に
乗っている姿を見た奴はいない......。


スポンサーサイト

テーマ:(´Д`)どンだけー(・Д・) - ジャンル:ブログ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tamapunk.blog20.fc2.com/tb.php/259-abaad1a2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。